アクアーリオのキラリビューティー☆
1Fボディケア 2F化粧品 3Fヘアケア 4F 道具 5Fシャンプーギフト 6ゲルマニウム 7ヘルス
 
めるへん美容室 知ってますか髪のこと よくあるご質問
 シャンプーの仕方

1.
 お湯の温度は38度くらいが1番です。
    (熱すぎると、熱さと水圧でキューティクルにダメージを与えます)
    シャンプー前に髪をしっかりとぬらしましょう。 
    髪の表面についた汚れを落とし、シャンプー剤を髪になじませやすくします。
    髪はぬれるとキューティクルが全開します。 とてもデリケートです。
    髪にお湯を含ませる様にぬらして下さいね


                  よくぬらす

 2 シャンプー剤はしっかりと泡立てて、頭皮につけて下さい。 
     シャンプーは頭皮の古い角質や汚れを落とすことが目的です。
     指のはらを使ってリズミカルに地肌をマッサージするように洗います。
     リズミカルなマッサージは頭皮を元気にします。
     ロングヘアの方でも、髪はシャンプー剤がついただけで、汚れは落ちます。
     絶対にぬれた髪をこすらないで下さいね。


                        頭皮を洗う

  すすぎはきちんと丁寧に・・・・
      えりあしや生え際、耳の周辺などのすすぎ残しに気をつけて、しっかりすすぎます。
      シャンプー剤が残るとかゆみ、肌荒れの原因にもなります。
 
    
すすぎにかける時間はシャンプーの3倍が理想です。


                   すすぎは
  
 
 リンス&トリートメント


   リンスは髪のペーハーバランスを弱酸性に戻すためのもの。
    髪の表面に薄い膜をつくって摩擦や刺激、静電気などから髪を守ります。
    トリートメントは傷んだ髪に栄養分を補給するもの。 
    クーティクルのすき間から髪に内部まで入り込んで、失われたたんぱく質をおぎないます。


    髪の状態に合わせて、どちらか選んでくださいね。 
     どちらも頭皮につける必要はありません。 髪にやさしくつけてください。
     あとはかるく流しましょう。 洗い流しすぎないでくださいね。

  
 乾かす


   濡れている髪はデリケートです
    乾いているときよりもキューテクルがはがれやすくなっています。
    タオルドライはやさしく、やさしく。乱暴にもんだり、こすったりしないでくださいね!


                  タオルドライ



    頭皮からは皮脂が分泌されています。
    濡れたままにしていると、イヤなニオイのもとになります。 
    
ドライヤーを使い地肌からしっかり乾かしましょう。 
    濡れたままで寝るのはもってのほか、キューティクルもがれてしまいます。 絶対×です。


                   

Copyright(C) 2006 Kiraribeauty All Rights Reserved